★ 2018年8月 しもなりタイムス23号  ★2018年08月08日 最新メッセージ 「市政報告23号を発行しました。」

2018年0808

しもなり正一の「最新」メッセージ

市政報告23号を発行しました。

残暑お見舞い申し上げます。

毎日、日中温度が35度を超え、本当に暑い毎日ですね。

熱中症にご注意を!水分補給を十分に!

市政報告しもなりタイムス23号を発行しました。

7月に発生した西日本豪雨、筑紫野市の新市庁舎、高尾川・鷺田川の河川工事等、今年の前半に発生した出来事を記載しています。


しもなりタイムス 市政報告 第23号

平成30年8月


【西日本豪雨 7月6日】
しもなりタイムス 23 目次へ

(1)西日本豪雨 筑紫野市で大きな被害

豪雨当日の河川の様子

鷺田川の激流

冠水した高尾川平成橋付近

7月6日、午後1時過ぎから停滞する梅雨前線の影響で大雨が降り、各地に甚大な被害が出ました。

今回の記録的な豪雨は九州・中国・四国地方の広範囲で堤防の決壊、河川の氾濫、土砂災害を引き起こし、高速道路や鉄道などのインフラにも大きな被害が出ました。

筑紫野市でも市内全域で被害が発生しており、西鉄二日市駅近くの、にしてつ通り商店街と中央通り商店街を結ぶ平成橋付近で高尾川が氾濫し、にしてつ通り商店街が約1メートルの高さまで冠水、河川改修の行われている鷺田川でも、橋口橋付近の鷺田川と高尾川が合流する付近で川の側面が水の圧力により決壊するという大きな被害が出ています。また市道の田代橋付近でも川が氾濫して昭和区・本町の一部が水浸しとなり、県道筑紫野古賀線では、本町郵便局近くで流木等により河川側面の土手が決壊して歩道が通行不能となりました。御笠、山家、山口、平等寺方面でも道路の決壊、土砂崩れ、田畑の土手の決壊等の被害が出ています。

このような自然災害は防止ができない面もありますが、被害を少しでも軽減するために現在行われている鷺田川の河川改修事業と高尾川の浸水対策緊急特別事業のトンネル工事の早期の完成が望まれます。
(全体工事の完成は平成31年度末を予定しています。)

市内中心部の河川被害状況

堤防や住宅のブロック塀が倒壊した鷺田川の被害現場

水圧でえぐり取られた鷺田川の橋口橋付近の堤防

水流で削り取られた鷺田川の工事現場

崩落し寸断された県道筑紫野古賀線本町郵便局前の歩道

しもなりタイムス 23 目次へ

(2)動き出す待望のコミュニティバス!

筑紫野市では市内をJR、西鉄電車が走っています。JRは鹿児島本線の二日市、天拝山、原田駅、JR筑豊本線の山家駅があり、西鉄電車は二日市、紫、朝倉街道、桜台、筑紫、津古駅があります。路線バスは年間20万人以上の市民が利用する重要な交通手段で、通勤・通学を主な利用目的としたバスです。カミーリヤバスは、カミーリヤをはじめとした公共施設への移動手段を主な役割としたバスで、年間約4万5000人の方が利用する欠かせない交通手段となっています。

今回始まる予定のコミュニティバスはカミーリヤバス・JR,・西鉄電車を有効活用し、路線に沿ったバスの運行を計画しており、当面は新庁舎を中心としたコミュニティバスの運行から始まり、順次必要とするコミュニティバス路線を拡大していく予定です。また、病院、大型商業施設への循環バスも今後計画され,公共交通空白・不便の解消に向け検討がなされていきます。 最近、高齢者の車の事故が多発しており、免許を返納したくても、買い物や病院通いが不便になるので返せないとの声を多く聞きます。また、買い物や病院通いにタクシーを使っているが経済的に負担が大きく困っているというご意見も聞かれました。

すでに始まっている高齢化社会に向け、市民の交通手段となるコミュニティバスの運行が待たれます。

しもなりタイムス 23 目次へ

(3)第8回議会報告会が開催されました

5月15・16・17日の3日間、市内6ヶ所のコミュニティセンターと市役所市議会本会議場で開催されました。

議会報告会は平成25年4月から施行された議会基本条例で市民の皆様への報告と意見交換の場として開催され、各回とも参加された市民の皆様から、熱心なご意見・ご要望を多数いただいてます。

今回の報告会では前半を平成30年度予算・各委員会からの報告を行い、後半は意見交換で参加者が3班に分かれワークショップ形式での意見交換会を行いました。 意見交換会では「災害対応について」「学校と地域との連携について」「道路の安全対策について」の3つのテーマで意見交換を行い、新市庁舎移転後の道路問題、地域コミュニティバス運行計画、地域コミュニティ、スポーツ施設の設置等について、数多くのご意見をいただきました。

各地域からいただきました質疑内容・回答につきましては、市議会だより筑紫野、筑紫野市のホームーページ等で掲載いたします。

今回の議会報告会から意見交換の時間を多く取り、参加者から詳細に多くのご意見いただきましたが、前回報告会より参加者が少ない地域もあり、今後の課題として開催時間、開催場所、開催方法等について、検討してまいります。

今後も議会として報告会について検討を重ね、市民のためになる報告会にしていきたいと思います。

しもなりタイムス 23 目次へ

(4)ブロック塀は大丈夫?

今年6月大阪北部で起きた最大震度6弱の地震でブロック塀が相次いで倒壊しました。ブロック塀は、プライバシーの確保、防犯、防火等、暮らしを守る重要な役割を果たしますが、地震などによる災害時には倒壊や落下などで命を脅かす危険なものへ変わってしまうこともあります。多数の人が通行する道路、通学路などの道路に面するブロック塀は特にその安全確保が必要です。

筑紫野市でも市内各施設・小学校・中学校周りのブロック塀の安全確認調査が行われました。私たちは基準を守り、所有者責任において安全安心に暮らせるまちづくりを目指しましょう。

筑紫野市の人口
 2018年6月末時点 
人口103,759人
49,646人
54,113人
世帯数44,531世帯
しもなりタイムス 23 目次へ

(5)ご 意 見 箱

1月~6月に市民の皆様から頂いたご意見の一部をご紹介します。  皆様から頂いたご意見・声は市政に反映し、改善が必要なところは改善し、問題提起されている点については次期議会等で討議・討論し、改善・改革してまいります。貴重なご意見ありがとうございます。

ご意見・文化財看板の充実を

市内の文化財を活用し、市民の文化財に関する理解を深めるための文化財愛護等の看板や、古くなり掲示内容が読み取れない既設の開設看板などについて、著しい劣化があり緊急対応の必要なものもあるので、市内全域にある史跡等開設板の点検をしてほしい。

文化財保護の観点からも、文化財の正しい表示、案内などの充実を図ることが必要であります。筑紫野市の観光対策のためにもわかり易い文化財愛護看板の充実が必要と思います。

ご意見・スポーツ施設の充実

二日市で卓球同好会を運営しております。会員は35名おり社会人を中心に初心者から県大会レベルまで卓球を楽しんでいます。現在、公民館、コミュニティセンターで練習しておりますが、練習場所が不足しており、卓球振興のためには初心者指導も必要ですがそれも無難しい状況です。改善策をお願いします。

市内の小学校体育館やグラウンドや中学校の体育館は、高齢者を含む一般の方々に広く楽しんでいただけるよう空き時間を利用して開放されています。 スポーツ施設(グラウンド、体育館、プール等)の充実については、今後の課題としてしっかり取り組んでまいります

ご意見・子どもたちを守る交通安全対策の充実

国道、県道の交通渋滞を避けるために,朝の通勤時間帯に抜け道として,市道へ車が入り危険な状態にある。危険回避のために、安全対策のひとつとして施行されているゾーン30を増やしてほしい。

ゾーン30の開設について積極的に要望してまいります。
ゾーン30とは
自動車事故抑止のため、市街地の住宅街など生活道路が密集する区域を指定し、その区域での車の最高速度を時速30キロに制限する交通規制。

ご意見・市役所の二日市地区出張所サービスについて

来年1月より市役所が現在建設中の新庁舎へ移転が予定されておりますが、二日市地区は市役所が遠くなります。市内北部に位置する二日市地区の住民サービスの維持について、計画はありますか。

筑紫・御笠等の地域では市役所の出張所として、コミュニティセンターにおいて住民票、印鑑登録証明書、戸籍関係等の各種証明書の発行がされております。
二日市地区においても市役所の二日市出張所の開設が予定されており、各種証明書を発行できるよう準備が進められています。具体的な開設時期、場所などについては今後検討され、来年4月頃を予定しています。

ご意見箱

しもなりタイムス 23 目次へ

(6)市庁舎建設順調に進んでいます

新庁舎の庁舎棟(写真左)と立体駐車場(写真右)庁舎の完成は平成30年11月を予定しています。

<新市庁舎・駐車場の写真撮影日:7月14日>

  • 〇敷地面積  14、613.74m²
  • 〇建設面積   3,065.49m²
  • 〇延べ床面積 13,828.46m²
  • 〇階数地上   6階
  • 〇高さ      30.1m       
  • 〇駐車場 406台(平面駐車場50台含む)
しもなりタイムス 23 目次へ

(7)高尾川・鷺田川の河川改修事業 地下トンネル工事始まる!

平成27年に決定した高尾川床上浸水対策特別事業の地下トンネル工事は、西鉄紫駅近くの地下河川築造工事のための発信立坑工事と二日市駐輪場隣に到達立坑築造工事が行われ、平成31年1月には発信立坑と到達立坑が完成予定で、約1㎞にわたる地下河川築造(トンネル)工事は31年年度末の完成を目指しています。

7月6日午後から停滞する梅雨前線の影響で大雨が降り、筑紫野市でも市内全域で各地に大きな被害が発生しました。にしてつ通り商店街と中央通り商店街を結ぶ昨年完成した平成橋付近でも高尾川が氾濫し、にしてつ通り商店街が約1メートルの高さまで冠水し、店の中では棚などが倒れるなどして大混乱となりました。平成26年8月の水害による冠水から大きな被害はなく、高尾川では県が床上浸水対策特別緊急事業を実施する中で起きた災害となりました。


鷺田川工事現場

発信立坑工事現場





筑紫野市議会議員 しもなり正一 公式サイト トップ メニュー サイトマップ プロフィール メディア しもなり正一の「最新」メッセージ バックナンバー
二日の市
二日の市情報

応援します!  がんばる商店街


まちづくりNPO法人「ほっと二日市」 二日市中央通り商店街 にしてつ通り商店街 ちくしの二日の市