しもなりタイムス ちくしのまちづくり情報局

筑紫野市会議員 しもなり正一

しもなりタイムス
市政報告 第4号

平成24年7月

山家・御笠地域境界に産廃焼却施設計画!

 エコ・センチュリー21(株)が、産業廃棄物処理施設の設置を計画している。

筑紫野市山家には、すでに隣接して三社の産業廃棄物処理施設が稼動しています。今回、新たに大規模な産業廃棄物の焼却施設の設置が計画されており、地域住民は生活と健康に関する安全が保たれるのか不安な状況にさらされています。

 懸念される汚水・煤煙の影響

 既存の産業廃棄物処理施設では、煤煙が御笠地区の方向に排出され、植物の葉か枯れるなどの被害が発生しています。また山家地区では河川の汚濁も発生した事実があります。

周辺地区は農地が多く生活用水として地下水も利用され、さらに宝満川下流には筑紫野市の常松浄水場が存在し、大気汚染、土壌、水源の汚染は地域住民や筑紫野市民の生活基盤に重大な被害をもたらすことになります。

疑問の残る 産廃施設計画業者の説明

 産廃施設計画に対して、四回の説明会か開催されていますか、業者側は一方的に安全性を強調した説明を行っただけで、地域住民の質問に対して納得できるような回答がないまま、時間切れとなってしまいました。

 大気汚染はないのか、水は大丈夫なのか…など不安は解消されていません。

高尾川・鷺田川の治水対策

「高尾川・鷺田川改修促進期成会」が設立されて三年余りが経過しました。

河川改修の基本方針について、昨年8月と9月に地元住民に対する説明会が数回にわたり開催され、福岡県では高尾川・鷺田川の抜本的な改修を促進するために先ず合流部の河川付け替えをする提案がなされました。

 平成24年度「高尾川・鷺田川改修促進期成会」総会が藤田市長、地元国会議員、県議・市会議員らも参加して、六月三日(日)、二日市コミュニティセンターで開催されました。平成二十三年度の事業実績、途中経過の報告があり、平成24年度は県の取り組みとして国の新規事業の採択を受け、河道詳細設計用地境界測量、調査などが行われます。

筑紫野市の取り組みとしては、市営河川鷺田川の基本計画の策定、二日市中学校に雨水流出抑制の貯留施設、要望活動、陳情活動などが行われます。高尾川、鷺田川の治水対策、河川改修を早期に実現させ、浸水被害のない安心・安全のまちづくりを実現しなければなりません。。


橋口橋合流部分の改修工事が完了!

6月議会 報告
    会期:平成24年6月4日~6月21日(18日間)

議事内容

諮問第 2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
同意第 2号 筑紫野市教育委員会委員の任命について

報告第 4号 専決処分の承認について(筑紫野市税条例の一部改正する条例))
報告第 5号 専決処分の承認について(筑紫野市都市計画税条例の一部を改正する条例)
報告第 6号 専決処分の承認について(筑紫野市健康保険税条例の一部を改正する条例)
報告第 7・8・9号 専決処分の承認について(損害賠償の額を定める)
報告第10号 平成23年度筑紫野市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について
報告第11号 平成23年度筑紫野市水道事業会計予算繰越計算書の報告について
報告第12号 平成23年度筑紫野市下水道事業会計予算繰越計算書の報告について
議案第42号 福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について
議案第43号 筑紫野市部設置条例等の一部を改正する条例について
議案第44号 工事請負契約について
議案第45号 平成24年度筑紫野市一般会計補正予算(第1号)について
議案第46号 平成24年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について
議案第47号 平成24年度筑紫地区介護認定審査会事業特別会計補正予算(第1号)について

◇請願

 ・エコ・センチュリー21(株)の産業廃棄物処理施設の設置に反対する請願書

◇陳情・要望

・「協同労働の協同組合法(仮称)」速やかな制定を求める意見書に関する陳述書
・北朝鮮の拉致問題意見書の可決お願い

◎6月議会のポイント

・平成24年度筑紫野市補正予算668万円を増額する本年度一般会計補正予算6議案上程され可決。
・工事舗負契約で二日市東小学校校舎工事請負契約3億8千70万円で北洋建設が落札、
 新校舎は平成25年3月完成予定。
・エコ・センチュリー21(株)の産業廃棄物処理施設の設置に反対する請願は議員全員の賛成で可決。



しもなり正一の一般質問

1、高尾川・鷺田川の治水対策について

・県の河川改修事業を市はどのようにするのか 県の新規交付金事業として高尾川・鷺田川の河川改修が承認され、今後、どのような形で推進するのか、
・付替え予定の市営鷺田川の改修計画について
龍明橿下流の付替え工事が予定されている市営鷺田川の改修はどのような形で進行していくのか
・雨水流出抑制施設の市の取り組みについて
 貯留施設の設置計画、一般家庭雨水抑制助成制度、浸透施設助成制度の採用計画はあるのか

2、観光振興について

・市の観光振興策について今後の方向性について尋ねる
・2年後、完成予定JR西口開業、次田大門線完成を二日市温泉の振興策にどのように活かすか

震災がれきの受け入れについて

 北九州市は六月二十日、宮城県石巻市の震災がれきの焼却を八月にも始めると発表しました。震災がれきを受け入れるのは西日本で初めて。平成二十六年三月までに六万~七万トン処理し、市内の最終処分場に埋め立てる。受け入れるがれきは、原子炉等規正法で再利用可能と定める基準の「放射性セシウム濃度がIkg当たり百ベクレル以下」となります。

 さて、私たちの出す日常のごみ焼却はクリーンヒル宝満で処理をされていますが、クリーンヒル宝満を使用しているのは筑紫野市、小郡市、基山町二市一町の、共同利用施設(筑紫野・小郡・基山清掃施設組合)であります。

 クリーンヒル宝満処理能力は年間約五万トンで、現在一日百二十五トンの廃棄物焼却をしており、年間約四万八千トンの処理量となります。

 ◎震災がれき受け入れについての筑紫野市の見解は以下のようになっています。
一、クリーンヒル宝満は二市一町の共同利用施設である。
二、クリーンヒル宝満は廃棄物を焼却後、メタルとスラブを回収しており、微量でも放射性セシウムの混入は出来ない。
三、クリーヒル宝満は最終処分場を持たない。
等の諸問題があり、一市での判断は出来かねる。

 今後、筑紫野・小郡・基山清掃施設組合が受け入れの可否を判断することになります。

政務調査費について

 政務調査費とは、地方議会の議員が政策調査研究などの活動のために支給される費用であり、2000年(平成12年)に地方自治法改正に伴い、自治体の条例により導入が進みました。

 交付額や交付方法は自治体により異なり、支給内容について各自治体の条例によって定められています。また、地方議会でつくっている会派に支給されたり、議員に対して直接支給されたりしています。

 自治体によって政務調査費の報告の義務にばらつきがあり、今後は政務調査費として使用した全額の領収書の添付義務があります。

 筑紫野市では政務調査費は会派ごとに支給され、使用した費用の全額について領収書添付が義務付けられています。  また、不当な支出については住民監査の結果、返還を求めることができます。

地域コミュニティについて

 筑紫野市の自治会組織である町内会・自治会組織は82行政区に分かれて運営されています。

 しかし、少子高齢化、核家族化などの急激な社会変化、さらには環境問題をはじめとする、さまざまな地域課題の増加に伴い、一つの町内会では対応できない問題が数多く発生しており、広域的に取り組むべき課題も多くなってきました。

 さらに、地域では、まちづくり、子育て、防犯、スポーツなどを目的として活動するグループも増加してきており、地域自治組織を強化するにはこうしたグループをつなぎながらコミュニティ活動を推進していく必要があります。

 すべての市民が安全で安心、そして健康で心豊かに生活が出来るよう、また、将来を担う子どもたちの夢や希望が広がるまちづくりを目指すためにも、地域コミュニティ強化の必要性が出てきています。

二日市中央通り 改修工事日程(概要)が決まる

道路工事の工期は3ヶ月程度で、9月より開始され、年末(12月初旬)には完成の予定です。そのほか夜間工事は行わないなどが決まりました。


つどいの広場つくしのこ  オープン!

子育て中の親子が気軽につどい、交流できる場所として筑紫野市子育て支援センターつどいの広場「つくしのこ」つくしのこが6月1日にオープンしました。玩具で自由に遊ぶ常設型の広場、親子のふれあい遊び、絵本の読み聞かせを楽しんだり、保護者の交流や子育て情報提供などの場として利用したりすることが出来ます。
(所在地)筑紫野市二日市中央五丁目10-1(クラシオン1階)
       西鉄二日市駅より徒歩約3分 tel 092-408-7776
       (開所時間)8時30分~16時30分(月曜日~金曜日)

天拝 蛍まつり

 6月9日(土)天拝坂にある、ほたる公園(天拝坂東公園)で「第6回天拝蛍まつり」が開催されました。
 14年にわたり天拝蛍の会が小学校の子どもだちと、地蔵川周辺の掃除と蛍の幼虫の放流などを行い、見事に蛍の舞う地域づくりをされています。地蔵川の川辺には小学生か製作した「あんどん」か設置され、足元をやさしく照らしてくれました。

  

市民劇「ちくし野ロマン飛行」に出演!

4月8日(日)ちくし野をめぐる市民劇「ちくし野ロマン飛行」が文化会館大ホールで上演されました。
 今回の劇は文化会館と筑紫野市政40周年の記念事業として開催されました。市民劇は多数の応募の中から選ばれた約1 0 0名の皆様と劇団道化による手づくりの市民劇となり、昨年の10月から劇団員の皆様は半年間の練習を積み重ね、昼夜2回の公演となりました。
 前回の夏目漱石役に続き、今回は旅館の番頭さん役・奈良時代の村人などで出演させていただきました。
 6ヶ月間にわたる長い稽古期間過ごし、出演者の皆様と思い出に残る市民劇となりました。


筑紫野市議会議員 しもなり正一 公式サイト トップ メニュー サイトマップ プロフィール メディア しもなり正一の「最新」メッセージ バックナンバー
二日の市
二日の市情報

応援します!  がんばる商店街


まちづくりNPO法人「ほっと二日市」 二日市中央通り商店街 にしてつ通り商店街 ちくしの二日の市