しもなりタイムス
市政報告 第7号

平成25年4月

流通戦国時代に突入

筑紫野市美しが丘南の商業施設「筑紫野ベレッサ」に店舗を構えていたサンリブ筑紫野店が十月に閉店して、後継店舗がどこになるか話題になっていましたが、十二月上旬太宰府にも店舗を持つ三角商事(株)のルミエールが出店しました。

ルミエールのある筑紫野ベレッサ近くの筑紫野市JR原田駅周辺は、福岡市と久留米市から三十分圏内にあるベットタウン地区で、近年隣接する小郡市、基山町を含めて戸建て住宅・分譲マンションの建設が盛んに行われています。

筑紫野ベレッサを中心にして半径ニ・五㎞の、車で十分圏内に、イオンモール筑紫野、ゆめタウン筑紫野、シュロアモールの三大ショッピングモールなど、二十七の大規模小売店が群雄割拠し、今後は価格競争などに拍車がかかり、筑紫野地区は生き残りをかけた流通戦国時代に突入しそうです。

九州森永乳業跡地を筑紫野市が購入

筑紫野市は二月八日、石崎一丁目二百九番地の九州森永乳業跡地を購入すると発表しました。 二月十三日に開かれた臨時市議会に二〇一二年度一般会計補正予算案として提案、二月一五日議会で可決され購入契約となりました。

九州森永乳業跡地は西鉄朝倉街道駅とJR天拝駅に近く、市中心部の県道百十二号線に面しています。面積一万八三三六・三五平方メートル(五四九〇坪) 購入金額一〇億六三七四万円。筑紫野市土地開発公社が買付をして所有し市は債務保証をします。そして市はこの土地を平成三十年に買い戻し予定としています。

当該土地は市の中心部に位置し、交通の利便性もよく、一定面積を有していることから今後のまちづくりに利用価値があると判断したものです。また、災害時の市街地における避難場所として確保、さらにスポーツ振興の面から市民ニーズの多い多目的運動広場として利用されます。

市庁舎建設検討費が予算計上される!

平成25年度筑紫野市予算で、市庁舎建設検討事業費347万円が計上されました。市庁舎建設の時期は未定ですが、今後、庁舎建設が具体化していくものと思われます。

市庁舎は最も古い部分で築76年と耐震性にも問題があるとされ、本庁舎は県道をはさんで計6棟に分かれているほか、上下水道部や文化振興課などが市内各所に分散しています。

今年3月11日地元新聞に県内5市庁舎耐震不足と報じられました。その中に筑紫野市も入っており、また、市庁舎建設の建替えアンケートが平成23年11月に行われ、建替え賛成が73.1%と結果が出ています。

地震などの災害発生時、防災拠点になるべき市庁舎が危険な建物で はどうにもなりません。庁舎の安全対策を具体化する時期に来ていま す。

○陳情、要望

一、TPP(環太平洋経済連携協定)への対応に関する要請書

TPPは例外なき関税撤廃を全体としているだけでなく、国民の健康を守る医療制度や食の安全・安心の基準等についても改悪を余儀なくされ、さらに外国企業が国を訴えるISD条項の導入の危険性もあります。TPPは国民生活の根本に関わる重大問題であることを踏まえて国への意見書提出くださるよう要請いたします。

1、政権公約で示したTPPに関する六項目の堅持
2、徹底した情報開示と広範な国民的議論の実施
3、貿易政策に関する新たな基本方針の確立

会派つくし野代表質問

□まちづくりについて(質問)

各地域のコミュニティづくりについてですが、地域の主体性を尊重しながら地域自治によるまちづくりを進めたいとのことでしたが、今後、コミュニティ協議会は地域の中心になれるのか、

   答弁(市長)

地域コミュニティづくりについてですが、市では、市民自治によるまちづくり実現に向け、地域を代表とする組織としてコミュニティ運営協議会の形成を目指しています。今日まで各地区区長会と協議を重ね、平成二十五年度から区長会や地域活動団体と学習会を開催しながら、地域コミュニティの組織化を進めてまいりたいと考えております。

□環境について(質問)

筑紫野市の産廃政策について山神ダム上流域の産業廃棄物処理場問題についても平成十一年の死亡事故から、十三年以上が経過しましたが、産廃の山は依然として残っている状況です。また、山家地区にはすでに八か所の産廃関連施設があります。現在、新しく作る予定の産廃施設に対して、本市は、県の紛争予防防止条例に基づき手続きをしており推移を見守るという立場にあり、法を遵守し、中立・公正を求めるのは当然ですが、市民の多くが反対している中での最善の対応策をお尋ね致します。

   答弁(市長)

本市の産廃政策について、産廃問題は本市にとって大きな問題でございます。産業廃棄物処理施設の設置に関しましては、廃棄物の処理及び清掃に関する法律により許可及び維持管理の基準が定められており、市として法令を遵守する立場にありますので、法令に基づき対処してまいります。

高尾川・鷺田川改修事業の進捗状況について

高尾川・鷺田川改修促進期成会が平成21年10月に発足して3年経過しました。河川改修を実現するため に期成会、市民、行政が一体となり、県、国への働きかけにより早期完成を目指し、浸水被害のない安心 安全のまちづくり目指しています。


9月24日(月)
関係地域の本町・入舟地区住民に対して河川改修事業説明会が開催されました。那珂県土整備事務所の担当者から総工事予定期間を平成24年から平成33年までの10年間・第一期工事について「実施設計説明、移転対象者の確定について」の説明が行われ、事業計画確定に伴い、今後は建物調査、標準値価格の算定、用地買収が 行われ、河川改修が順次進んでいくことになります。

12月19日(水)
二日市コミュニティセンターで移転対象者について説明会が開催され ました。移転対象者の意向も十分に聞き取り調査が行われ、代替地 案などが示されることになりました。
今回、県は代替治地案として入舟団地の県住宅供給公社建替余剰地を移転先として提案し、意向調 査等が行われ移転対象者の負担軽減と事業推進をはかるため改修 事業への協力の要請も行われました。

1月16日(水)
二日市コミュニティセンターで移転対象者の代替地につ いて県住宅供給公社の入舟団地跡地の案が提示され、 希望される方へ区割り配置方法などについて説明がさ れました。

~産廃焼却施設計画~
業者が説明会を一方的に打ち切る!

エコセンチュリー21(株)は産業廃棄物の中間処理施設を山家地区に作る計画を進めています。

この施設は一日当たり九十トンの汚泥、廃油、廃プラスチックの産業廃棄物を焼却処分するもので、六回の住民説明会で納得できる説明がないまま建設計画が進んでいる状況にあります。同社は形式的・抽象的な説明に終始し、未だ、住民からの質問に対する説明が終わらないまま説明会の打ち切りを宣言しました。

既存の産廃施設で煤煙が御笠地区の方向に排出され植物の葉が枯れるという被害が発生、山家地区では河川の汚濁も発生しております。周辺は農地が多く生活用水として地下水が利用されています。大気汚染や水源の汚染は地域住民の生活基盤に重大な被害をもたらすことになるかもしれません。

西鉄大牟田線の 紫3号踏切改良工事が始まる!

 二 日市東小学校から紫が丘方面へ行く市道の途中にある西鉄大牟田線紫3号踏切は道幅が狭く、自動車が踏切を通過する時など人が通ると非常に危険な状態にあります。

地域住民の皆様から危険な踏切として改善の要望が出ていましたが、平成25年度より3年計画で改良工事をすることが決定しました。

筑紫野市グラウンドゴルフ大会が盛大に開催される!

2月25日(月)午前8時30分より第20回市長杯グラウンドゴルフ大会が諸田多目的グラウンドで開催されました。朝から好天で天候にも恵まれ、252名の参加があり、参加された皆さんが元気いっぱいにグラウンドでゲームを楽しまれました。



編集後記

今年は桜の開花が一週間以上早い。二日市公園の桜も三月二十三日には満開になりました。いよいよ花見シーズンの到来です。

▼三月十四日(木)二日市中学校の卒業式に出席しました。二五九名が中学校を卒業しました。これからも、思い出や学びえたことを大切に、感謝の気持ちを忘れずに、夢の実現に向かって羽ばたいて下さい。

▼インターネット選挙の解禁は今年七月の参議院議員選挙からとなります。おそらく参議院選挙でのネット選挙に関する報道は山のように出てくるものと思われます。有権者の選挙に対する意識の向上になれば、投票率のアップにもなります。今後、地方自治体の選挙でもネット選挙が行われるかもしれません。

▼今年の春は大陸からの飛来物が黄砂のほかに微小粒子状物質「PM二・五」が加わり、風向きによっては、天気のいい日でも空気が霞んでいるように感じられます。健康被害が心配されており、国や県でも測定値の速報を出し、注意を呼び掛けています。数値の高い日はなるべく外出を避けましょう。




あなたのご意見を聞かせて下さい
<出前「しもなり正一と語ろう会」のお知らせ>

ご近所、お友達(2名以上)が集まってくだされば、市内のどこでも出前「しもなり正一と語ろう会」を開きますので下記へご連絡ください。

[連絡先]
TEL:(092)921-2302
携帯電話(090)8832-8030
E-mail:shimonari250103@arion.ocn.ne.jp


筑紫野市議会議員 しもなり正一 公式サイト トップ メニュー サイトマップ プロフィール メディア しもなり正一の「最新」メッセージ バックナンバー
二日の市
二日の市情報

応援します!  がんばる商店街


まちづくりNPO法人「ほっと二日市」 二日市中央通り商店街 にしてつ通り商店街 ちくしの二日の市