しもなりタイムス ちくしのまちづくり情報局

筑紫野市会議員 しもなり正一

しもなりタイムス
市政報告 第8号

平成25年7月

ILCを誘致して福岡を宇宙科学の拠点にしよう!
五輪を超える経済効果

世界中でILC(国際リニアコライダー)の誘致運動がし烈ですが、立地環境の有利な日本が最有力視されています。日本における候補地は、東北地方の北上山系と九州地区では筑紫野市にほど近い福岡・佐賀にまたがる背振山地の2か所です。

背振山地にできれば、その波及効果は計り知れない。研究者や学生が世界中から福岡・佐賀に集まってくる。技術だけでなく、文化や教育の拠点となる可能性がある。関連企業も進出し、長期にわたる経済効果はオリンピックをはるかに凌ぐものと試算されて、地域経済の活性化も大いに期待できます。

国内候補地の決定は本年7月末頃に予定されています。

 

ILCとは


  • ILC(国際リニアコライダー)は史上最大で最高エネルギーの電子・陽電子を衝突させる次世代加速器。
  • 全長約30Kmを超える地下の直線トンネル内に精密な高真空ビームパイプを設置。
  • 光速まで加速して中央部分で正面衝突させ、ビックバン直後と同じ高エネルギー状態を実現する。
万物の質量の起源とされる「ビックス粒子」や「超対称性粒子」などの粒子の解明が最初の目的。世界各国が協力して、世界に一か所だけ国際リニアコライダー研究所が建設されます。

ネット選挙始まる

今回の参議院議員選挙はインターネットを使った選挙運動が解禁となる初の国政選挙です。

ネット選挙運動解禁で政治と有権者一人ひとりの距離が非常に近くになり、政治家や候補者の意見や動きがすぐに見られます。投票率が悪いといわれていた若い世代も、今後は候補者本人とスマホやパソコンを通じて、簡単に自分の意見を伝えることもでき、ネットを通じて意見交換もできるようになります。

都市部においては投票率が軒並み50%をきっていますが、有権者が関心を持つような方法で選挙運動を進めることで、未来は必ずよい方向へ進んでいくものと信じます。

参議院議員選挙投票日

6月議会報告

会期:平成25年6月12日~6月28日(17日間)
補正予算案9891万円を増額する本年度一般会計補正予算や職員給与を減額する条例案など可決。
議員報酬を5%減額(7月から来年3月)する条例案などを可決。


6月定例市議会 しもなり正一の一般質問要旨

ICT教育の推進について

筑紫野市においてICT活用の授業はどのような形で行われているのか、また、ICT活用の電子黒板、学習端末、デジタル機器などの設置状況を訪ねる。

答弁(教育部長) 
総合的な学習時間、社会科などでのインターネットを利用した調べ学習や、理科の時間に実物投影機を使い、実物を見せながらの分かりやすい指導、体育時間にデジタルビデオを活用して、運動時自己の姿勢をテレビモニターで確認させ、学力の向上に役立たせている。


ICT環境の整備状況について、電子黒板、学習端末の設置状況は電子黒板が全体では14台、学習端末(タブレット)については整備していない。インターネット環境については小中学校全校で、コンピュータ室に配備している児童生徒用のコンピュータからインターネットに繋ぐようになっている。


教育委員会が描くICT教育についての考え、方向性について尋ねる。

答弁(教育長) 
平成23年4月、文部科学省が取りまとめた「教育の情報化ビジョン」に示されたとおり、21世紀にふさわしい学びと学校を創造するためには、学校における人材の育成とICT環境の活用を図っていくことは必要であり、ICTを使った教育は、その効果からも、今後、教育の手法として重要な位置を占めてくると考える。教育委員会といたしましては、ICT環境を最大限に生かした教育活動を進め、将来の筑紫野市を担う子供たちが、情報モラルを身につけ、コンピュータや情報通信ネットワーク等の情報手段に慣れ親しみ、適切にそして主体的、積極的に活用できるような教育を進めていきたいと考えていきたいと考えております。

地域コミュニティによるまちづくり

 筑紫野市の自治会組織である町内会・自治会組織は82行政区に分かれて運営されています。

しかしながら、少子高齢化、核家族化などの急激な社会変化、さらには環境問題をはじめとする、様々な地域課題の増加に伴い、一つの町内会では対応できない問題が数多く発生してきています。さらに地域ではまちづくり、子育て、防犯、スポーツ等を目的として活動するグループも増加してきており、こうしたグループをつなぎながら地域自治組織を強化しなければならないと思います。

こうしたことから、平成22年から地域コミュニティによるまちづくりするため、地域における自治組織の設立に取り組み、平成23年6月から山家コミュニティ運営協議会が発足、平成25年6月には御笠コミュニティ運営協議会が設立されました。今後残りの5地区についても平成27年までに地域コミュニティ設立に向けた取り組みがされていきます。

高尾川・鷺田川 改修促進期成会
平成25年度総会開催される

6月9日(日) 午後3時より二日市コミュニティセンターにおいて総会が開催されました。高尾川・鷺田川改修促進期成会が発足して3年半が経過。

平成24年度は県営河川高尾川と鷺田川の改修計画について地域住民に具体的な河川改修計画と鷺田川用地買収対象者に対する居宅移転の代替地の提案などが説明され、対象者の意見なども聞き、代替地区割り等の検討会なども開催されました。

平成25年度取り組み方針として福岡県那珂県土整備事務所は護岸詳細設計、橋梁(光正寺橋)設計、用地買収、護岸工事などが行われます。

筑紫野市は市営鷺田川河川改修の検討、代替地の造成、雨水流出抑制施設の設置、国・県に対して現在進行中の河川工事に対する早期実施の要望活動が行われます。

また、区長会、地域住民からなる期成会は本年度の活動目標を
1、地域住民と一体となった河川改修を促進し、安全・安心の住みよい二日市地区のまちづくりを目指す。
2、流域対策として貯留や浸透による流出抑制による治水対策を促進し、地域や流域住民のさらなる連携を目指すことなどが決定しました。


西鉄大牟田線の紫3号踏切歩道改良工事について

二日市東小学校から紫が丘へ通じる西鉄大牟田線紫3号踏切は子供たちの通学路になっており、朝夕の通学時間帯は道幅が狭く、自動車が踏切を通過するときに子供たちが通ると危険な状態にあります。地域の住民の皆様から改善要望が出ておりましたが、今年度より3年計画で歩道を設置することが決定しました。

なお、平成25年度事業着手、測量設計業務委託を発注予定、平成26年度 用地買収、平成27年度工事着手し事業完了予定となっています。

産業廃棄物施設計画
産業廃棄物処理と環境問題を考える集いに参加して

エコ・センチュリー21(株)が山家地区に建設予定の産業廃棄物の中間処理施設は、1日当たり90トンの汚泥、廃油、廃プラスチックの産業廃棄物を焼却処分するもので、その産廃の重量は2日でジャンボジェットほぼ1機分、年間に換算すると大型フェリー「さんふらわー」3隻分に匹敵する大量の産廃が、毎年筑紫野市の山中に持ち込まれることになります。

山家・御笠地区の環境問題にとどまらず、筑紫野市をはじめ周辺住民にとっても重要な課題となってきています。



5月11日(土)文化会館で約1000名の市民が参加して、環境総研の青山貞一氏による「産廃焼却炉はなぜ危険なのか」の演題で講演が行われました。

全国各地の危険な事例を通じて、21世紀に積み残されたごみ問題は大量生産、大量消費によりでた残物の大量廃棄、大量焼却が発生してどのような形で処分するのか。焼却処理か、埋め立てか。

現代のごみは化学物質により製造されたものが数多くあり、焼却により有害ガスの発生も懸念される。また、廃棄物の埋め立てに関しても埋め立て地域の選定が困難な状況にあります。

また、筑紫野市においては重要な課題となっている平等寺地区に放置されたままの産業廃棄物の問題、現在稼働している産業廃棄物中間処理施設の問題なども見過ごすことはできません。

第17回宝満つばきマラソン大会
会場警備担当として参加!

好天となった5月12日(日)宝満つばきマラソン大会が九州産業高校グラウンドで行われました。

今年より筑紫野市陸上競技場閉鎖に伴い、九州産業高校を会場とし開催されました。選手631名の参加があり、「出会い、ふれあい、走りあい」の大会として盛大に開催されました。今回はグラウンド出口などの交通整理、危険個所への立ち入りを制限する警備担当で参加しました。


筑紫野市グラウンドゴルフ大会が盛大に開催される。

5月20日(月)午前8時30分より第21回市長杯グラウンドゴルフ大会が諸田多目的グランドで開催されました。

朝から曇り空で絶好のコンディションの中、60歳代から92歳までの228名の会員の参加をいただき、市長杯を目指して元気いっぱいにゲームを楽しまれました。

出前「しもなり正一と語ろう会」のお知らせ

ご近所、お友達(2名以上)が集まってくだされば、市内のどこでも出前「しもなり正一と語ろう会」を開きますので下記へご連絡ください。

[連絡先]
℡(092)921-2302
携帯電話(090)8832-8030
E-mail:shimonari250103@arion.ocn.ne.jp

下成 正一(しもなりしょういち) 昭和23年生まれ 大阪経大経営学部卒。福岡シティ銀行13年勤務後独立・保険代理店福岡シティ保険センター創業し現在に至る。現在は筑紫野市議会議員、市民建設副委員長、筑紫野市土地開発公社議員、筑慈苑議員、筑紫野市少年補導委員、筑紫野市グラウンドゴルフ協会会長、筑紫野市同友会会員 


筑紫野市議会議員 しもなり正一 公式サイト トップ メニュー サイトマップ プロフィール メディア しもなり正一の「最新」メッセージ バックナンバー
二日の市
二日の市情報

応援します!  がんばる商店街


まちづくりNPO法人「ほっと二日市」 二日市中央通り商店街 にしてつ通り商店街 ちくしの二日の市