しもなりタイムス ちくしのまちづくり情報局

筑紫野市会議員 しもなり正一

しもなりタイムス
市政報告 第14号

平成27年1月

高尾川・鷺田川河川工事の完了を前倒しへ

河床掘削予定図

河床掘削予定図

豪雨によりたびたび氾濫する高尾川

豪雨によりたびたび氾濫する高尾川

 昨年8月22日の豪雨により被害の大きかった、にしてつ通り商店街周辺地域は、高尾川の氾濫により商店街・住宅が軒並み冠水しました。毎年のように発生する集中j豪雨に対して早期の工事完成を望む地域住民の強い要望が出ています。この件に関し福岡県による高尾川・鷺田川の河川工事について、12月19日に整備計画の見直し案説明会が生涯学習センターで開催されました。

 当初の計画では、福岡県・筑紫野市はこの地区の工事の完了を平成33年としていましたが、一日でも早く被害のない街にするため5年 以内に河川工事の完成を目指すことを発表しました。

 工事内容については、高尾川の水道橋付近の2・1㎞で河床堀削、 河道拡幅、橋梁の改築分水路および鷺田川・高尾川の合流地点処 理などを行い、河道水位の低下、浸水被害の軽減を図ります。分水 路については、周辺土地利用状況を踏まえて地下河川(川底より10 mの深さ地点に内径約5mのトンネル)とする予定であるとの説明があ りました。

 今後も浸水被害のない筑紫野市を目指して、河川改修が一日でも 早く完了するように筑紫野市・福岡県に対して強く要望してまいります。



第3回議会報告会

平成26年11月14日(金曜日)、平成26年11月16日(日曜日)の2日間、「第3回議会報告会」を開催しました。
今回の報告会は生涯学習センター、各コミュニティセンターの市内6箇所で開催いたしました。9月議会報告、平成25年度決算審査についての報告をしました。
各会場で出された質疑については筑紫野市ホームページに掲載しています。
リンク・筑紫野市ホームページ 第3回 議会報告会の結果報告


<議会報告会>

筑紫野市議会基本条例に基づき、市民への報告と市民との意見交換の場として行うものです。


この表はクリックで拡大します

平成26年 12月定例市議会

12月議会は会期、平成26年12月3日~12月19日(17日間)まで開催され、2億3、528万円を増額する民生費・介護保険事業補正予算、市職員の給与等の条例の一部改正など30議案を上程し、審議され可決しました。
(詳細は筑紫野市ホームページ・議会だより等をご覧ください。)


請願

・「農業・農協改革」に関する請願
・消費税増税の撤回を求める意見書提出の請願

陳情・要望

・身体・生命・財産に関する陳情・要望
・35人以下学級と市費負担教員配置、スクールソーシャルワーカー配置、私学助成金の直接補助、子ども条例等に関する陳情
・「子どもの権利の保障状況について検証を行う委員会」の設置に関する陳情


リンク・筑紫野市ホームページ
議会だより

しもなり正一の一般質問要旨


安心安全のまちづくり(防犯対策について)


  1. 防犯対策について、市はどのような取り組みと、地域講習会など開催されているのか。
  2. 防犯カメラについて設置状況について、西鉄二日市駅、JR二日市駅、西鉄筑紫駅周辺に設置されると聞いたが、現在の防犯カメラの設置状況はどのようになっているのか。今後の設置計画についても尋ねる。
  3. 各地域で防犯推進委員等を決め活動をされていますが、安心安全課としてどのような活動支援をしているのか。

  • 筑紫地区4市1町及び警察などと連携して、自主防犯組織などを対象とした防犯リーダー研修会や一斉街頭パトロールを実施。今年度はゼンリンと共同で防犯マップを作成し、全小学校に配布しました。また、防犯メールによる防犯や犯罪などに関する情報を配信し、注意喚起を行っています。
  • 今年度より市内9ヶ所に、18台の防犯カメラを運用開始しております。今後の設置についてはは効果を見ながら、また市民の皆様の意見を聞きながら、設置拡大に努めます。
  • 各行政区や老人会、PTA等の57団体による防犯パトロールをされています。団体に対して各種防犯に対する研修案内や青色パトロール車の運用経費の一部の助成など支援しています。

振込詐欺・消費者トラブルについて


  1. 本市の振り込め詐欺・消費者トラブルの発生状況・年齢層はどのようになっているか。
  2. 本市は現状への対策・取組みについてどのようなことを行っているのか。

  • 「オレオレ詐欺」や「架空請求詐欺」は平成25年度10件で、高齢者の件数は2件、また平成26年度については11月末現在12件で、高齢者の件数は4件という状況です。消費トラブル件数については、平成25年度651件で、高齢者は186件です。平成26年度は11月末現在、337件、119件が高齢者の相談件数です。
  • 市民が被害にあわないよう、国・県等と連携を取り、本市ホームページや広報誌で最新の情報を発信するとともに、市民向け消費講座や地域の高齢者サロン等の出前講座を実施、高齢者を含め市民が消費者トラブルに合わないよう啓発に努めております。また、民生委員や地域包括支援センターをはじめ、各関係機関とも連携・情報の共有化を図っています。

コミュニティ設立総会開催される

 12月20日(土)に二日市コミュニティ運営協議会設立総会が文化会館多目的ホールで開催されました。 総会には代議員148名中117名が参加されて地域コミュニティについて熱心な討議がなされ、地域に対する皆様の関心の高さが感じ取られました。

 これで、平成22年度山家コミュニティから始まった地域コミュニティは、昨年12月に市内7ヶ所のコミュニティが設立総会を終了しました。

 現在、筑紫野市の自治会組織の運営は82行政区に細分化されていますが、少子高齢化、核家族化等の社会変化、さらには環境問題をはじめとする様々な地域課題の増加に伴い、広域的に取り組む問題が発生してきています。

つくしちゃんファミリー

 「地域のみんなが笑顔で暮らせる元気なまちをつくりたい」、そんな思いを持って、地域をより良くするために活動する住民同士のつながりや集まりを作ろうとしています。

 地域コミュニティでは、自治会(町内会)をはじめ、老人会や子ども会、地域づくり団体など様々な団体が活動を行っており、今後はこのようなグループとともに地域自治体組織を強化していかなくてはなりません。

 これまでの学習会で話し合ったまちづくりの目標などを踏まえながら、平成27年度より開始される予定の地域コミュニティについて、人と人との「絆」をさらに深め、住みたいまち、住み続けたいまちづくりを皆さんと一緒になり推進していきたいと思います。

天拝公園のイノシシに注意

市民の憩いの場となっている天拝公園から天拝山にかけての地域に、飼い主のいないネコ約50匹が生息しており、公園を訪れた利用者や登山客が、エサを与えたり、置きエサをしています。その残りエサを狙ってイノシシが食べにくるという状況になっています。

今後、イノシシが人に危害を加えることも予想されるので、市では有害鳥獣駆除許可の申請をして、公園周囲にイノシシ捕獲のために、はこ罠を2箇所設置しました。

また、公園周辺でのエサやりに対する注意や、置きエサの撤去作業を実施。エサやりを禁止する看板を設置し、公園にいるイノシシには近づかないように注意を呼びかけています。

天拝公園に出没するイノシシ

天拝公園に出没するイノシシ

編集後記

一面の工事地区周辺と高尾川の空撮は筑紫野市の映像制作業者ビデオリンクの加治さんにご協力いただきました。加治さんは長年テレビ局の映像作成などに携わっている方で最近ではラジコンヘリを使った空撮に力を入れているとのことです。

ホームページ(http://video-link.sblo.jp/)で各地の迫力ある映像を公開されています。

二日市での撮影中に通りかかったご婦人たちから「これは何ですか」と尋ねられ「空撮のヘリです」と答えたところ「へえ盗撮のヘリですか」。聞き間違えられたようで「いいえ盗撮ではなく空撮です」と答えると一同笑いのうずが巻き起こるというハプニングがありました。





筑紫野市議会議員 しもなり正一 公式サイト トップ メニュー サイトマップ プロフィール メディア しもなり正一の「最新」メッセージ バックナンバー
二日の市
二日の市情報

応援します!  がんばる商店街


まちづくりNPO法人「ほっと二日市」 二日市中央通り商店街 にしてつ通り商店街 ちくしの二日の市